ならぶ

店から水が消えてしまいました。

残っているのは炭酸水。

うちは乳児じゃありません。

「大人じゃない幼い子に同じ扱いして良し」

信じる事が難しい。。。

こどもはたくさん水分を欲しがります。

たとえば兄弟が1歳前と2歳で親が水を分けられるでしょうか?

何歳だってかわいい子供です。

買占めはしない、

でも、子供の飲み水位はと

水を求めて何件も店を回る、

親が必死になっても仕方ないのではないでしょうか。

高濃度の放射生物質が出てる間

いつまで続くかわからないときに

安全ですといわれても。

近くのスーパーには無いだろうと思いつつ寄ったけど水はなし。

ちょっと離れたスーパーの開店時間に間に合い並びました。

たくさんは並んでなくて混乱もなし。

500mlの水1人5本まで。

手に入りました。

帰り道会ったお友達が急いで買いに来たようで

お水買ったよ。っていうと

まだあった?ってきかれて。

こんなに幼い子を抱えた母親が

必死で水を探す日が来るとは想像してませんでした。

夕方近くのスーパーへ行くと

2Lのお茶は無い状態。

ジュースも若干残っている感じでほぼ無いに近いです。

見慣れたスカスカの商品棚も

見つめていると心まで空っぽに感じてきます。

自分が失ったものなどないのに。
[PR]
by momonekuta | 2011-03-25 20:51 | ときどき日記

ゆっくりゆっくり


by momonekuta