クマがでる

札幌にきてからよく見るニュースはクマ出没。
いつも、怖いわ~。と思っていた。

クマ=襲われる
それに猟友会、射殺という頭でセットになっている。

ただ少し疑問に思っていたのは
なぜ、射殺が前提になっているのか、私の頭で。

今年は道東で痩せたクマが目撃されて
山にえさが極端に少ない事も良く出る事情にあるだろう。

実家近くにもよく出ていて集団下校などある。
それに今住んでる地域も去年出てたよと聞いた。
今年は出てないみたいだけど、最近足跡があったと聞いた。
それは古いのでごく最近ではないだろうと判断された。

北海道のクマと外国のクマを一緒には出来ないけど
共存している事を紹介していたので自分が思う疑問がスッとした。
スッとしたのはなぜ射殺する?ということだけなんだけど。
クマがそばにいる生活は変わらない。
住み分け出来るよう意識すれば変わるのかな。


実録!翔の『極楽カナダ生活』より
クマとの共存
[PR]
by momonekuta | 2012-10-11 09:43 | ときどき日記

ゆっくりゆっくり


by momonekuta